カメラと子どもとお出かけと

アクセスカウンタ

zoom RSS D70がやってきた

<<   作成日時 : 2007/01/03 13:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いまさら「D70」である。D80でもD40でもなくD70sでもない、「D70」である。

画像

親父のFについていたオートニッコールH50mmf2をデジタルのD70につけてみる。フルマニュアルだが写真が撮れる。普遍のFマウントの面目躍如と言ったところ。これでもう少し、ファインダーがピント合わせをしやすければ言うことは無いのだけれど・・・
                 D50+AF-S24−120G VRで撮影

現在、我が家のデジタル一眼は、D50が1年2ヶ月ほど孤軍奮闘している。別にフイルムのF80DとFE2があり、まだまだフイルムがメインであるので、D50で必要十分と言う状態である。
いきなりサンタクロースは、やってきた。12月24日クリスマスイブの日、知り合いがD70のレンズキットの箱を持ってきた。その人も、以前知り合いから譲り受けたものだが、ほかにデジイチを手に入れて、必要な無くなったので、私にくれると言う。

出されたものは、素直に受けるのが私の主義であり。おもわずD70レンズキットに手を出していたが、「D70か〜〜18−70の超音波モーターのレンズは魅力的がけど・・・・」と言うのが、正直な気持ちでした。「D70本体だけ転売しようかな」頭の中をかすめました。「でも二束三文だな・・・・」「譲り主にはよく会うし、転売したのがわかると、気まずいし」お礼を言いながら、自問自答が交錯します。

2つのデジイチ、もはや旧世代と言ってよい70と50。2つ並べると、当然比較をしたくなる。
D50はD70の廉価版である。それは大きさと、機能の削除に現れるようです。
D50のほうが小さいが、その差はわずかです。D70のボディの下部がでっぱりが大きく、小さいレンズを取り付けたときの、ホールディングに差が出ます。私は左手を広げて、ボディをその上に置き、レンズを指でつかんで撮影をするので、ボディとレンズの段差の少ないD50のほうがが、左手はしっかりと掴むことが出来ます。D70には純正大口径ズームをどうぞ言った感じか。

右手はというと、D70のほうが、多少小指に余裕があるかなと言う程度で、やはりD50はそれほど小さくないと思うところ。さらにD70のほうが、ボディラインに細かな凹凸があり、自然と右手の指の置く位置が決まる。改めてD50を持つと、ボディラインがのっぺりとした印象で、金型の製作過程を省いたのかな、と邪推したくなる。D50だけを使っていたときは、さほど気にならなかったのだから、D70の作りこみのほうが丁寧で、D50の上位機種ということを、改めて感じさせる。

D50には無く、D70にはある機能として、便利だなと思ったのは、測光モードの切り替えスイッチが、独立してシャッターボタンの横にあり、D50のようにメニューボタンから、呼び出さなくても、一回で分割測光からスポット測光に切り替えが出来ること。ISOの設定が、D50だと200・400・800・1600だが、D70だと200・250.・320・400とより細かく設定できるところである。
シャッタースピードがD70が8000分の1秒まであるとか、D50が高感度ノイズに強いとかは、使い込んでいないためか、実感するに至っていない。

で、出てくる画像はどうかというと、

まずはD50
画像


次にD70

画像


レンズはともにAF-S 18-70 f3.5〜4.5G DX D70のキットレンズである。ともにプログラムオートで何も考えずに、いわゆる撮って出し。
D70のほうが、露出がアンダーである。

さらにもう一枚。レンズは同じく18-70で。

D50
画像


D70
画像


撮って出しのD50 レタッチのD70と、よく話を聞くが、うまい表現だと思う。ただ、D70が使えないかと言うと、個人的には、D70の露出アンダー目の写真のほうが、好みかなと思えた。
銀塩カメラでも、ポジフィルムを変えると、出てくる写真が異なるように、使うデジイチで出てくる画像が異なるもの、可だと思う。

カメラとしての基本はほぼ同じ、D50がD70をもとに作られた廉価版であることを考えれば、当然のことであるが、D70のほうが作りが丁寧で、より撮影者の意図を反映しやすい、操作系になってる。D50は、より新しい画像エンジンで、子どもを肌を綺麗に撮影できる、わかりやすさが、一番の美点であると思う。

何度も言うようだが、同じCCDを使い、ほぼ同じスペックで、中級機と入門機を作り分けたニコンの手腕は見事だと思う。しかしその違いは、両方使用してみて実感できるもので、一般にはなかなか伝わりにくいものである。
1000万画素の中級機D80と、600万画素で超音波モーターのみ使用可の入門機D40への世代交代は、当然の流れだと思う。
それでは、旧世代のD70とD50時代遅れなのか。そんなことはもちろん無い。これからは、D50に標準ズーム、D70に単焦点をつけて出かけようかなと、夢想する。
今年は、デジイチにもう一度はまってみようかな。


                                          Home

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
D70がやってきた カメラと子どもとお出かけと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる