カメラと子どもとお出かけと

アクセスカウンタ

zoom RSS 箱根の山は乗り物天国

<<   作成日時 : 2007/10/17 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9月14・15日と箱根にジーちゃん・バーちゃんと孫を連れて、一泊旅行に行きました。箱根は遊びと仕事両方で何度も行ったが、全てが日帰りで泊まったことは無かった。自分にとっては近すぎる距離であるためである。

三島駅に7時20分ころ着いて、40分発の元箱根港行きに乗るはずが、東海バスの窓口がまだ開いてなかった為、8時半のバスとなる。わざわざ窓口が開くのを待ったのは、3日間有効な箱根フリーパスを購入するためである。(10月からは金額が少し安くなり2日間用に変更になった)このフリーパス4130円で箱根の多くの交通機関を利用できるので大変お得である。今回はもとを取ろうと思っている。

8時半の元箱根港行きのバスは混み合うことも無く定時に三島駅を出発した。新幹線の停車駅から箱根への路線バスにしては少々寂しい乗客数ではあるが、関東の奥座敷の箱根にとって、三島は裏口みたいなものだから、致し方ないのかもしれない。私は車で子ども達が乗ったバスの後を追う。路線バスなので停留所ごと乗降がある。自然とバスを追い抜いてしまい、何度か路肩に車を止めて路線バスを先にやる。バスの運転手はさぞ挙動不審な車と思っただろう。普段ならバイパスで抜ける国道1号線も集落がある旧道を走りながらのどかに進む。40分ほどで終点元箱根港へ到着。ここで子ども達とそのお供を回収して芦ノ湖の北側桃源台へ向かう。今日から3連休だがまだ道は混んでいない。
画像

            ニコンF80 フジスペリア100

桃源台からは海賊船とロープウエイが出ているが、子どもの希望で海賊船へ。スタンプラリーの判を押して船着場へ、想像以上に多い観光客に驚きながら船内へ。新しく広い船内から遠くなる小雨に濡れる港を見ると、遊覧船とはいえ旅情を感じる。箱根町港まで30分間は普段見ることは無い湖面からの景色を楽しむ。こんな観光船でも1等と2等席があり展望デッキもしっかり分かれている。もちろん私達は2等席である。
箱根町港でいったん船を下り20分後の外輪船で元箱根港へ。箱根町港-元箱根港間は2つの航路(海賊船と外輪船)の重複区間のため本数が多いので便利だ。子ども達と操舵室を見ていると、わずか10分で元箱根港へ到着する。
画像

            ニコンF80 フジスペリア100

画像

            ニコンF80 フジスペリア100

画像

          ニコンF80 コダックゴールド400

時間は11時過ぎ少し早いが昼食を食べて、もう一度海賊船で桃源台へ戻ろうと思っていたら、目の前の国道1号線を行き交う路線バス・観光バスを見て「ばしゅ〜〜」の一言。急遽の強羅駅行きの路線バスに乗る。元箱根から発着する路線バスは小田原・湯本(国道1号線経由・箱根旧街道経由・箱根新道経由)、湯河原、そして朝一番で乗車した三島駅と多方面でしかも運転本数も多い。その中でこの強羅駅までゆく路線は土休日のみの運行で、本数は一日4本のみ(強羅駅発箱根町行きは3本)というかなりレアなバスで、これから乗る12時8分発が始発である。
想像通り乗客は少なく、私達のほかには2人だけである。強羅駅行きの路線バスは箱根峠に向けてハイスピードで急カーブを登ってゆく。一番後ろに座った娘はカーブごとに揺られて、座席の上を笑いながら転げ回っている。最前列の運転手が良く見える席に陣取った息子は、ジージのひざの上で身動きひとつせず運転手を凝視している。12時35分バスは観光客で賑わう強羅駅に到着した。

駅前のイベントをのぞいた後今度はケーブルカーへ。わき目も振らず乗り物を乗り継ぐのは誰の性分だろうか。早雲山へのケーブルカーは混んでいた。運転本数が多いので座るために1本列車を見送ったが、6人全員がまとまって座ることが出来ず、ばらばらに座ることになった。強羅から早雲山までレールは直線に延び、混雑した車内から見る展望が開けない景色は代わり映えしない。終点までの10分間はさっきのガラガラのバスの30分より長く感じた。
画像

              ニコンF80 コダックゴールド400

ケーブルカーを降り、階段を上がると今度はロープウエイ乗り場に直結している。しばしの順番待ちの後新しい車内へ入る。以前の古いロープウエイとは比較にならないほど車内は広く明るい。乗客全員が着席できるのも魅力的である。
ロープウエイは大涌谷に向けて緑の斜面を登ってゆく、尾根を越えると眼下に大涌谷が広がり釘付けになる。ロープウエイは芦ノ湖畔の桃源台まで行くのだか、直通ではなく大涌谷で乗り換える。大涌谷の観光は明日にして、すぐに桃源台行きのロープウエイに乗り換える。今度は芦ノ湖を見下ろしながら下ってゆく。風は強いが、ケーブル2本で吊り下げられているゴンドラは安定感がある。途中の姥子の駅も近代的になりどこかディズニーランドのアトラクションを連想させる。
画像

            ニコンF80 コダックゴールド400

船・バス・ケーブルカー・ロープウエイと乗り継いで約4時間かけて箱根を一周した。かなりの駆け足であったが、後は旅館で温泉に入るのみである。

次の日再び桃源台からロープウエイに乗り大涌谷を往復してくろたまごを購入する。桃源台に戻り子ども達とそのお供たちは、新宿行きの高速バスへ。私は自家用車でバスを追いかけ御殿場駅で子ども達を回収する予定だが、その前にスタンプラリーの景品をもらいに窓口へ。渡されたのはウルトラマンがデザインされた扇であった。
昨日から遅れには無縁の運行だったが、台風9号の影響で土砂崩れがあった国道138号線は片側交互通行のため渋滞が起きていた。新宿行きのバスが30分以上遅れて御殿場駅に着いた。

                                   Home

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箱根の山は乗り物天国 カメラと子どもとお出かけと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる