カメラと子どもとお出かけと

アクセスカウンタ

zoom RSS AF35-70f3.3-4.5

<<   作成日時 : 2007/10/19 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりに新しいレンズを購入した。ニコンのオートフォーカスズームレンズ、焦点距離は35mm-70mmでf値は3.3−4.5.いわゆる標準ズームであるが、今風では無く2世代位前の普及お手軽ズームであろう。型が古く、ズーム域が狭く、さらに手持ちのデジタル一眼につけると、52mm-105mmという、中途半端な焦点距離になるので、まったくと言ってよいほど人気が無く、店頭で3,000円以下の値札が付いていた。

画像

                    ニコンD50+A09

こんな古いレンズを購入したのは、クロスバイクで持ち運びの楽な、フイルムカメラのF80につけるコンパクトなズームレンズが欲しかったからである。
始めはF80の標準ズームでセット販売されていた、28-80Gあたりを考えていたのだが、7000円程度の金額になかなか踏ん切りがつかなかった。すでに3本もある標準域のズームレンズを増やしたくなかったのと手持ちのお金を減らしたくなかったからである。
先日中古カメラコーナーを巡回したとき、このレンズを見つけ金額が気になっていた。本日半ば購入するつもりで店を訪れると、セール中で20%OFFの値札が付いていた。果報は寝て待てと言うところか。

さっそく家に持ち帰りF80つけてみる。単焦点レンズと見間違えるほどズームレンズとしては小さい。それでいて、35mm50mm70mmと単焦点3本分の活躍をする。f値は大きいが昼間の使用なら気にならない。
形は古いニコンのデザインで、以前使っていた24-50mmズームを思い出した。このレンズもそうだったが、ズームをしてもレンズ全長の変化が少ない。35mmが一番長くなり、ズームリングを回すと全長が縮み50mm近くで一番短くなり、さらに70mmまでズームリングをまわすとほぼ35mmと同じ長さまで伸びて止まる。作りはしっかりしている。プラスチックボディではあるが。古いオートフォーカスレンズの例に漏れずピントリングを手で回すとすかすかである。非力なモーターでもオートフォーカスは早そうだ。

D50につけてみる、小さめのカメラにはコンパクトなレンズが良く似合う。写りは期待していた以上に良かった。まあ、よほど好みに合わなければ全て良いだけれど。
F80にISO400のネガフィルムをつめてこのレンズと、必要に応じて24mmの単焦点を持ち出せば困ることは無いだろう。とりあえず日曜日、こいつを持ってクロスバイクと朝の散歩に行きたいと思う。

画像

               ニコンD50+AF35-70f3.3-4.5

画像

               ニコンD50+AF35-70f3.3-4.5



                                        Home


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
AF35-70f3.3-4.5 カメラと子どもとお出かけと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる