カメラと子どもとお出かけと

アクセスカウンタ

zoom RSS ウエストリバーキャンプ場

<<   作成日時 : 2008/09/25 15:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の夏は子供たちの休みの始まりと共に仕事が忙しくなり、9月に入り落ち着いた。「なので子供とはどこへも行けませんでした」といえば可愛いのだが、わずかな休みの合間を縫って出かけてきました。しかし出かける時間があっても、ブログをアップする時間はなく、比較的時間に余裕ができた9月にはいっても、撮り貯めた写真の整理で時間を消費し、今に至ることとなりました。ということで、言い訳もすんだので時間を2ヶ月くらいさかのぼろうと思います。

平成20年7月20・21日南アルプス市にあるウエストリバーキャンプ場へ、初のファミリーキャンプへ行きました。自宅からゆっくり走っても1時間半、初めてのキャンプには手ごろな場所ではないでしょうか。一番の障害と思われたママさんの虫嫌いも意外とあっさりOKが出て少々拍子抜け。聞けば「キャンプなんてものは子供が幼い時しか付き合ってもらいないのだから、出来るときに行っておく」とのこと。ごもっともなご意見です。

自宅を10時過ぎに出発。まずは甲府へ買出しに行く。いつもは知らない町の馴染のないスーパーで買い物をするとキャンプに来た実感がするのは私だけであろうか。軽い食事と買い物を済ませ、3時前にキャンプ場の受付を済ませる。3連休の中日なので、すでに場内はテントの花が咲いていた。規模の大きなキャンプ場とはいえ前日に予約してサイトが確保できたのは、日ごろの行いが良いためか。

さっそく車・テント・タープの配置を決めテントの設営からはじめる。今までの仲間同士のキャンプなら、おのおのの役割が自然と決まっていて各自言われなくても仕事を始めるのだが、そこはファミリーキャンプの悲しいところ、すべてを一人でやらなくてはなりません。初めは面白がって手伝っていた子供たちも、テントが終わりタープを設営し始めるころには、次第に飽き始めてしまった。タープが終われば後は一人でも何とかなるので、子供たちはママさんと一緒にキャンプ場内を流れる川へ水遊びに行き、残りは私一人で設営。木立の中とはいえ暑いこの盛り、汗だくになって動いていると、ママさんから携帯がなるが、電波状態が悪く会話できない。どうせまだ終わらないかとの川遊びの催促なのだろうが、こちらとしても早く終わらせたいのは山々だが、なかなか終わらない。仲間内で手分けして行う設営がいかに楽か思い知らされた。

画像

                   D50+AF−S VR24-120G

設営後の川遊びは、水の冷たさも手伝ってなんと気持ちの良いことか。4時半を過ぎまだ日は高いが、山間のためか、水温が低いためか、おそらくその両方なのであろうがかなり涼しくなってきた。まだ遊び足りない子供たちをせかし、5時から始まる場内の風呂へ向かう。一番乗りだったため余裕で入浴できたが、狭いせいかすぐに混雑し始めた。露天風呂なのは良いが、設備広さとも、500円の入浴料では高い気がした。まあキャンプ場から出ない手軽さで、十分さっぱりできたのでよしとしよう。
画像

                   D50+AF−S VR24-120G

夕食はお決まりの「バーベキュー」子供相手だと何かとあわただしいが、それでも一番ゆったりとする時間である。携帯は通じにくいが、ワンセグTVが見れたのは意外である。こんなところまで持ってくる必要はないと思うが、子連れだと何かと重宝する。
ウエストリバーキャンプ場。大型のキャンプ場でどちらかというと高規格キャンプ場なのだが、地形をうまく利用して人工的なものを感じさせない、清潔感のある、雰囲気の良いキャンプ場である。サイトのそこここから話し声が聞こえ、ランタンの灯りが見える。これほどにぎやかなキャンプ場は久しぶりだ。
子供たちが寝た後、しばしバーベキューコンロで焚き火を楽しんだ後就寝。私の利用した林間サイトはウッドチップが引きつめてあるので寝心地は最高である。

画像

                  D50+AF−S VR24-120G

翌朝はお約束の早起き。火をおこしてホットサンドで朝食の後、撤収で再び大汗。そして川遊び。息子は季節はずれのおたまじゃくしを捕まえて喜んでいる。それにしても冷たい水だ。このときばかりは夏の暑さを忘れることが出来た。
その後、シャトレーゼで工場見学とアイスの試食。サントリー白州工場でまたまた工場見学と試飲。でもハンドルキーパーなので私と子供はソフトドリンク。ママさんはウイスキー。バス好きの下の息子は、場内見学バスに乗れて大喜び。

画像

                  D50+AF−S VR24-120G
画像

                  D50+AF−S VR24-120G

「また、キャンプ行きたい?」との問いに「いきたーい!」の返事がもらえたのは合格点ということか。
本格的な夏の猛暑が来る前の、のんびりとした2日間でありました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウエストリバーキャンプ場 カメラと子どもとお出かけと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる