カメラと子どもとお出かけと

アクセスカウンタ

zoom RSS 身延から富士川へ

<<   作成日時 : 2009/01/12 11:17   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

平成20年の11月。JR東海の主催するウオーキングに3週続けて参加した。今回はそれをネタにしたいと思います。参加したコースは参加した順番に「由比→蒲原」「身延駅から久遠寺往復」「富士川駅から富士山展望コース」なのだが、身延から話を始めるとしよう。

平成20年11月22日。身延駅で参加の受付を済ましたのが9時半ころ、商店街を進みすぐに左折して富士川を渡る。天気はよく上流には八ヶ岳が日を受けて輝いている。前方にはこれからの目的地(中間地点)身延山久遠寺の奥の院が見える。

画像

                     F80+AF35f2D コダックSG400
画像

                 U2+AF85f1.8D DNPセンチュリア400
画像

                     U2+AF85f1.8D DNPセンチュリア400

車通りを離れ川沿いを歩く、ここまですでに1時間以上経過している。子どものペースでは仕方が無い。どれだけの人達に抜けれただろうか、それもまあ良い。身延はまさに晩秋である。それを眺めるのは良いペースだ。

画像

                       F80+AF35f2D コダックSG400
画像

                       U2+AF85f1.8D DNPセンチュリア400
画像

                       U2+AF85f1.8D DNPセンチュリア400

門前町を抜け、想像以上に時間をかけながら山門へ到着。ここではJR東海さんにより、甘酒の振る舞いが行われていたが、私はパス。ママさんだけがおいしく頂いていた。
さてこれからが本番、菩提悌である。相変わらずこの階段の一段の段差は大きい、2時間以上歩いてきた身にはきついが、変な義務感だけで登ってゆく。上の娘はここへ来て調子を上げ、ずんずん進んで行く。登りきると正面に本堂。左手に五重塔が見える。しばし散策した後、本堂左奥の奥の院行きのロープウエイ乗り場へ。参加費無料のウオーキングでも、さすがにロープウエイは有料なのだが、ウオーキング参加者であることを告げると、運賃が割引となった。

画像

                       U2+AF85f1.8D DNPセンチュリア400
画像

                       U2+AF20f2.8D DNPセンチュリア400

画像

                       U2+AF85f1.8D DNPセンチュリア400

標高1000mを超える奥の院は寒かった。それでも昼食を済ませ思親閣に参拝するとこれで中間地点である。
来た道を戻るからなのか、それとも下り坂だからか復路はそれほど距離を感じなかった。

画像

                       U2+AF85f1.8D DNPセンチュリア400
画像

                       U2+AF85f1.8D DNPセンチュリア400
画像

                       U2+AF85f1.8D DNPセンチュリア400
画像

                       U2+AF20f2.8D DNPセンチュリア400

身延駅へ戻ったのが15時過ぎ。富士川を眺めながら電車に揺られ、いったん自宅かえる。

山梨県内では富士川を中心に東岸にJR身延線、西岸に国道52号線と三者身を寄せ合っていたのが、静岡県内に入るとJR身延線は富士宮市内を流れる潤川沿いに、国道52号線は旧清水市の興津川沿いにと、それぞれパートナーを変える。私もいったん富士川に別れを告げて、国道52号線で太平洋のある清水・興津地区へ出てみようと思う。

身延山詣でをした翌週平成20年11月30日(日曜日)は、富士川駅からウオーキングに参加する予定だが、その前に一人自転車で自宅を出発し、国道52号線を目指す。JR芝川駅から県道を走ると釜口橋で富士川を渡る。富士川支流の稲瀬川沿いに緩やかな登り坂をのぼり、静岡市との市境を超え国道52号と合流する。さらに上りは続き、逢坂の峠で水系は富士川から興津川へと変わる。ここからは楽しい下り坂だ。但沼で左側から興津川が現れる。橋で川を渡ると国道52号線は東岸に興津川を従えて、河口まで下ってゆく。今日も気持ちが良い晴天である。

画像

                  EF2+ウルトロン40f2 コダックウルトラカラー400

途中で小さい橋を渡り東岸に出てみた。周りにはみかん畑が現れた。先週は晩秋の色が濃かったが、ここはまだ暖かだ。

画像

                  EF2+ウルトロン40f2 コダックウルトラカラー400

何度か休みながら進む。東名をくぐると携帯電話が鳴った。ママさんからで、そろそろ自宅を出る準備が出来たという。時刻は8時過ぎ、10時富士川駅集合とし電話を切る。
さらに進むと興津川河口。右に三保、左に伊豆半島が見渡せる。先週から山の中ばかりを歩いてきた私には圧倒されるパノラマである。

画像

EF2+ウルトロン40f2 コダックウルトラカラー400

そこから海岸沿いに駿河湾の深部へ進む。すぐに雪を頂いた富士山が見えてきた。再び自転車を止め堤防を越えテトラポットの上からシャッターを切る。

画像

                  EF2+ウルトロン40f2 コダックウルトラカラー400

再び携帯電話が鳴り、富士川駅に着いたとのこと、見ると時刻は9時半過ぎ。少々のんびりしすぎたようだ。距離にして10kmほどか?ここから一気に富士川へ抜ける。
途中に、JR由比駅があるので、ここで話を2週間前の11月16日へ戻す。

画像

                       U2+A09 DNPセンチュリア400

由比駅前でウオーキング参加の受付を済まし、桜海老の門に迎えられて蒲原方面に歩く。天気は曇りで今にも泣き出しそうである。JR東海のウオーキングに参加するのは初めてであるが、想像以上の参加人数なので少々驚く。そしてその大半は中高年であるが、それは容易に想像が出来た。その元気のよいのも想像範囲で、子供連れの私たちを次々に追い抜いてゆく。小さな子供連れは珍しいのか、「えらいね〜〜」と声をかけながら抜いてゆく人も居る。
さらに進むと由比本陣公園が現れる。桜海老と並ぶ由比観光の目玉なので、何も考えずに立ち寄るが、子供たちの写真を撮り、トイレを借りただけに終わった。

画像

                       U2+A09 DNPセンチュリア400

さらに進むと町並みが途切れ、車道に出るが、すぐに車どおりが少ない道に誘導される。心使いは子供連れにとっては嬉しい配慮である。
コースも半分以上過ぎ、中だるみが見え始めたころ蒲原宿場祭りの会場を通過する。もちろん子供たちは、出店のクレープ・フランクフルトにありついた。
最後に新蒲原の駅で新しいスタンプカードをもらい終了。10kmほどのウォークは、子供にも問題がないとわかり上出来である。

11月16日の由比駅からのウォークは無事終了したが、11月30日の私はまだ終わらない。ダッシュで由比駅前を抜け、旧国道1号線を走る。何とか15分遅れで、富士川駅に到着した。

富士川駅前を出発して、すぐ旧国道1号線を越えて路地に入る。東名高速をくぐると道は上り始める。しかもこれまでなかったというくらいの急坂である。今まで歩くことを嫌がらなかった子供たちも不満を漏らし始めた。道はつづら折りとなり、参加者は蟻の行列のように繋がってゆく。
一度上りきり下りがあるが、もう一度登り道となる。さらに進むと富士市内を一望する展望台があられる。左に富士山、右に駿河湾。眼下には富士川サービスエリア。そして眼前にはみかん畑。小春日和である。
ここで子供たちはお菓子を食べ、私はシャッターを切った。

画像

                  EF2+ウルトロン40f2 コダックウルトラカラー400

画像

                  EF2+ウルトロン40f2 コダックウルトラカラー400

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こういうイベントに参加した事がまだ無いのですが、気持ち良さそうてすね
歩いてる時にはキツイかも??

フィルムで撮っているのに興味をもちました
僕は持っているスキャナーでうまくフィルムを画像化出来ないので、すっかりデジタルばかりになってしまいました
NAO310
2009/01/13 00:47
自分のペースで歩けるので問題はありません。お金もかかりませんしぜひ参加してみてください。でも、自分はスキー優先かな・・あ!お金が続かない(笑)
kuma
2009/01/13 11:14
何だか我が家と行き先が似ていますね。
もしかしてどこかでお遭いしているかも知れませんね。
さとう
2009/02/18 13:13
さとうさんのブログを拝見すると、山梨静岡長野が多そうですね。やっぱり何処かでお会いしているかも。今度からデリカを注目します。
kuma
2009/02/18 22:31
よろしくです。
ベージュのデリカに白いルーフテントを載せた車は、まず居ないとおもいますので。
さとう
2009/02/19 08:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
身延から富士川へ カメラと子どもとお出かけと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる