カメラと子どもとお出かけと

アクセスカウンタ

zoom RSS Ai-s50f1.8

<<   作成日時 : 2009/10/28 12:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

パンケーキレンズと言うレンズがある。パンケーキのように薄いレンズをそう呼ぶ。ニコンの製品で有名なのは、45mmのAi45f2.8Pというレンズで、それも何年か前に生産中止となり、それ以降中古品の品薄・高値安定となっている。そこでレンズメーカーのコシナが40mmf2というレンズをフォクトレンダーというブランドで発売した。これは縁あって1年前に中古を手に入れ、FE2とともにサイクリングの友となっている。

さて、お題のAi-s50f1.8であるが、ニコンのシリーズEという軽量・小型をうたう50mmレンズの発展的後継で、前出の45mmが発売されるまでは、最薄のレンズであった。そのレンズを今年の9月購入した。今回はカメラチェーンを利用してインターネットで取り寄せた。便利な世の中になったものである。

画像

Caplio GX100

手に入れた50mmとコシナの40mmを見比べると、全長・重量・明るさとよく似ている。そんなこと購入する前からわかっていたことで、似たようなレンズは2つも必要ないと分かっていたですが、結局手にしてしまった。人の欲とは恐ろしいものである。

この2つのレンズをウエストポーチに入れて、日曜日の朝自転車で出かけた。6時過ぎに家を出て、南へ下る、県道に出て途中富士川を渡る。稲かりの終わった田んぼを撮影をするので小休止。このまま走るといつもの通勤路・富士市街に出るが、途中を右折して山道に向かう。

画像

FE2+Ais50f1.8 FujiSP400

画像

FE2+Ais50f1.8 FujiSP400

ゆるい坂道に変わり、左右に木立が並ぶ。くもの巣を払いながらゆっくりと登ると、木々の切れ間からわずかな展望が開けた。富士川を手前にJRの駅、息子の通う保育園、そして、その奥に私の自宅が俯瞰できた。予想外の眺めにしばし見とれる。駅を見ると下り甲府行きの各駅停車が富士行きと交換待ちでホームに停車している。私も上りが入線するまで再び小休止。

画像

FE2+シリーズE75-150f3.5 75mm側 FujiSP400

画像

FE2+シリーズE75-150f3.5 75mm側 FujiSP400

のどかなローカル線の交換風景を75-150mmの望遠マニュアルズームレンズで撮影して再び出発。道は登りから下りに変り楽になるが、路面が荒れてくる。道端にアケビが落ちていた。拾って見ると果実は生き物たちに食べられていてすでに無く、まだほかにあるのかと辺りを見回したが見つけることは出来なかった。

さらに進むと分かれ道が現れた。根拠も無く1本道と信じていたので少しあせる。しかも3方向。@進行方向に向かう道。A進行方向とは逆に向かう道。Bそしてその中間の3本。迷いながら道を選び@→B→@と進み、結局Aが正解であった。

画像

FE2+Ais50f1.8 FujiSP400

木立は続き道は薄暗い。左側から沢の音がする。「こんなところで落ちたらしばらく誰にも見つけてもらえそうに無いな〜〜〜」そんな思いが頭を駆け巡る。
永遠に続くと思えた木立は突然途切れ、あたりは明るくなり民家が現れる。農作業のおじさんが怪訝そうにこちらを眺めている。稲かりの作業はここでも終盤を迎えていた。ここでも3度目の小休止、シャッターを切った。

画像

FE2+フォクトレンダーULTRON40f2 FujiSP400

画像

FE2+Ais50f1.8 FujiSP400

後日現像があがった写真を見て、40mmと50mmの写りの違いは私の目ではわからないが、やっぱりヘリコイドの単焦点は気持ちが良いなと思う。オートフォーカスレンズでごまかしている24mmもマニュアルレンズが欲しくなってきたのは、危ない誤算である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
マニュアルレンズは、
もう何年も使っていませんが、
一番使いたいといいますか、
接写が好きなので昔購入した、
タムロンのマクロ90mmのレンズが、
マニュアルなので今度使ってみようと思ってます。
ただ、ボディがデジタルなんで露出はカメラ側でしか調整できないのです。
さとう
2009/10/29 09:15
さとうさんありがとうございます。マニュアルレンズ良いですよ、ゆっくり撮影できます。
タムロンの90mmマクロは評判良いですね。機会があれば手にしたいのですが、先立つものがありません。
ニコンの低価格機はフイルム・デジタル関係なくマニュアルレンズだと露出計が働きません。すべてカンピュターです。昔は不満でしたが、最近は面白く感じるようになってきました。
kuma
2009/10/30 11:22
フィルムのマニュアルフォーカスカメラとマニュアルレンズ数本・・・、今のデジカメ一眼とは比べものにならないくらいにコンパクトな事に驚きますね
パンケーキレンズは一時期どれも高値でした、今は落ち着いたのでしょうか
安ければミノルタかコンタックスが少しだけ欲しいかも

僕は気持ちに余裕がある時にフィルムカメラを〜、なんて思ってたらいつまでたっても持ち出せないでいます
NAO310
2009/10/31 10:44
NAO310さんありがとうございます。いくつかの例外を除くとフイルムカメラとマニュアルレンズは人気が無く、低価格で推移してるみたいです。安く手に入るのはいいのですが、新品は望めず程度の良いものが少なくなるのは考え物です。
MFレンズは比較的小型ですが、金属が多いためAFレンズに比べ重たくなるのが玉にキズです。(特にサイクリング使用時)
私はたまにはデジタル1眼でもと思っていても、出かけるときには、フイルムカメラを持ち出してしまいます。ニコンの低価格機はMFレンズだと露出計が連動しないので何度も取り直しが出来るデジタル1眼はゆっくり撮るのには最適なんですけどね。(笑)
kuma
2009/10/31 14:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
Ai-s50f1.8 カメラと子どもとお出かけと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる