カメラと子どもとお出かけと

アクセスカウンタ

zoom RSS 菜の花・桜の花

<<   作成日時 : 2010/04/20 00:05   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

平成22年4月の10日(土)・11日(日)自宅から2〜3時間で回れる距離のポタリング行ってきました。

10日は仕事が半日で終わり、明るい日の光に誘われて出かけました。
桜の季節は盛りを過ぎましたが、菜の花は綺麗でした。

画像

FE2+RVP F 休耕田には菜の花が良く似合う(てね)

画像

FE2+RVP F 田んぼには水が入り、菜の花も畑の栄養に

半月前訪れた西山本門寺に再び

画像

FE2+RVP F ここには織田信長の首塚があるとされています

画像

FE2+RVP F 天気は良かったが今日も富士山はお預け、麓がわずかに見えるのみ(残念!)

画像

FE2+RVP F 菜の花だけが綺麗でした

前回痛かった膝はとりあえず問題なし、もっともあまり距離は走りませんでしたが・・・・

翌11日の午前中、今度は山梨方面に向かいました。今日に天気は午後に向けての下り坂なので、朝食を食べてから早めの出発です。

画像

FE2+Ai24f2s RVP F 県境を越えた山梨県最南端の町南部、これまた南端の駅JR身延線十島駅

富士川東岸を身延線に沿って北上します。ここでも耕運機が動き始めていたが、富士宮よりも少し遅いのか、まだ田んぼに水は入ってはいなかった。
道沿いの桜にはまだ花びらが残っていた。近くで見ると鑑賞に耐えられないが、遠くで見る分にはまだOKである。残り少ない花びらが風に舞うのが美しかった。

画像

FE2+AF180f2.8D RVP F

画像

FE2+マイクロニッコール55f2.8s RVP F

JR井出駅を過ぎて富士川を渡り西岸を自宅へと戻る、国道52号線を走っても面白くは無いので、旧道へと入り込む。いつもは通過するだけの町並みが、目新しく左右に流れる。小学校・中学校・図書館や土建屋、だれが買いに来るのか饅頭屋や雑貨店、しかし町は静かで、たまに見かけるのはお年を召した方ばかりであった。さらに進み、途中の駄菓子屋でガチャガチャ(ガチャポン)に興じる子供達を見て何故かほっとする。

画像

FE2+AF180f2.8D RVP F たまたま捕らえた身延線の優等列車、特急ふじかわ

富士川に沿って南下するのだから基本的には下りであるのだが、地形が急峻なためアップダウンを余儀なくされる。万沢地区に入る坂を上りきったところで振り返ると富士川が眼下に見えた、天気は予報に反して崩れる気配が無い。足も問題ない。家まではもう一息である。

画像

FE2+Ai24f2s RVP F

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あそこは綺麗ですよね〜。
富士川に掛かる長い吊橋を渡ってみようと思いますが、
渡った事ってありますか。
さとう
2010/04/20 09:06
さとうさんありがとうございます。が、あそこって?吊橋って?すみません不勉強なもので(苦笑)
kuma
2010/04/22 13:08
フィルム独特の空気感みたいなものを久しぶりに見ました
季節を肌で感じる感じで楽しそうです

織田信長、遺体は確認されていないとも聞きますけど〜
東海道の道筋ですから満更では無さそうな・・・どんな経緯で出来たのか・・・歴史も面白いですね
NAO310
2010/04/23 11:15
NAOさんありがとうございます。今回と前回のポタリングには久しぶりにリバーサルを持ち出しました。ネガに比べて光の条件が厳しく私には難しかったです。しかし、たまに決まったときのリバーサルの描写はネガには無いものですね。気長な撮影がいつもより時間がかかり、自転車の走行距離をあまり伸ばせないオチもあります。(笑)もう少しポジも持ち出そうと思っています。

信長の首塚は、どこにでも有る民間伝承ですね。でも、歴史の思いを寄せるのは楽しいひと時です。
kuma
2010/04/25 08:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
菜の花・桜の花 カメラと子どもとお出かけと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる