カメラと子どもとお出かけと

アクセスカウンタ

zoom RSS 西伊豆へ

<<   作成日時 : 2015/04/02 07:09   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

真冬の1月の末、暖かさを求めて西伊豆に行ってきた。
車で沼津市内の千本浜公園まで移動、公園の駐車場に車をデポし海岸線を南下。口野の交差点を右折すると、心なしか人家が減り有無が近いような気がする。

画像

EM+RVP100

画像

Caplio GX100
大瀬崎まではいつか来た道。

画像

Caplio GX100
上り坂の途中で海に突き出た大瀬崎を見下ろす、駿河湾を挟んで富士山と富士市街。これからしばらくこの景色とお付き合い。

画像

EM+RVP100

大瀬崎を過ぎると上り坂、さらに進むと高台に出る。伊豆半島の中でも平地の少ない西伊豆海岸は、上り坂で峠を越えると、入り江と下る。
木負、西浦、江梨、井田、土肥、船山・弓なりな入り江に囲まれた漁村を通過すると、また上り。その動作を何度も繰り返す。

画像

Caplio GX100

画像

Caplio GX100
所々にある無人販売所。買って帰りたいが残念ながら持ち帰るスペースが無い。

画像

EM+RVP100
今日は天気も良く、西伊豆は暖かい。

画像

EM+RVP100
さっきの大瀬崎に似ているが、こっちは戸田。大瀬崎と同じ形の砂州が海に突き出ている。

画像

EM+RVP100
土肥まで南下し、昼食。ここから半島の内陸部へ。当然上りになる。

画像

Caplio GX100

画像

Caplio GX100
国道から旧道に入ると交通量も減り、ゆっくりと登ることが出来る。冬だが登りでは汗が噴き出してくる。
上り詰めるて、西伊豆スカイラインへ。でも、まだ上りは終わりではなく、真冬なのに寒さ知らず。

画像

Caplio GX100

画像

EM+RVP100
上り詰めると眼下に先ほどの戸田の街並みが広がる、山と海に囲まれた小さな入り江である。

画像

Caplio GX100

海から上ること900m 気が付けば冷たい風が吹き抜けている。体は登りでかいた汗で濡れている、ここからは修善寺までの下りであった。
画像

Caplio GX100
午前中通った、内浦の海岸。達磨山レストハウスより望む。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
GX100の写真、解像度が高くて感心ました、RAWで撮って現像しているのでしょうか??。 EM+RVP100のはフィルムらしい良い雰囲気だと思いました

googlemapでルートを見てみました。私は普段自転車に乗らないのでこれだけの距離を走るのを凄いと思います、流石です
NAO310
2015/04/02 17:48
NAO310さんありがとうございます。GX100はJpeg撮って出しです。長く第一線でしたが、そろそろ引退となりそうです。ポジはフイルムらしいと言ってもらえるとうれしいです。余分な機材を抱えて移動するはげみとります。
自転車道楽はもう少し続けられればと思っております。
kuma
2015/04/03 21:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
西伊豆へ カメラと子どもとお出かけと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる