アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
カメラと子どもとお出かけと
ブログ紹介
私のカメラ (これから増やしてゆく予定)
EF2 FE2(2)    F80D F601 D200 CaplioGX100 
GX100(2) FUJI FINEPIXAV100
私のレンズ(これから増やしてゆく予定)
AutoH50f2 Ai135f2.8
フォクトレンダー ウルトロン40mmf2
AF24f2.8D
Sigma-15-30f3.5-4.5DG 
nikonAF-S VR 18-200
去の機材
D70 AF35-70f3.3〜4.5
zoom RSS

諏訪大社本宮 八ヶ岳エコーライン

2016/08/20 21:15
ここ数年自宅から諏訪湖まで往復を自転車でしている。距離は何とか日帰りできる距離。朝飯前に出発し、日没後に帰宅するピストンコース。ただただ走るだけの単調ライドであるが、帰宅した後のビールがうまい。もっとも、ビールはいつもうまいし、そろそろ飽きてきた。なので今年は車を利用して、時間と体力を節約しようと思う。

7月終わりの金曜日、目覚めと共に自宅を出発し、国道52号を北へ。富士川町内の公園駐車場に車を止め、自転車に乗ったのが5時半過ぎ、まだ涼しい。
画像

Nikon AW130
1時間ほど走って南アルプス市郊外のセブンイレブン、店の軒先で朝食を食べていると強烈な日差しが差してきた。
画像

Nikon AW130
国道20号に入り富士見への上り、それほどきつくはないのでテンポよく行きたい。諏訪湖まではこの富士見峠以外峠もなく、比較的距離を稼ぐことができる。
9時半過ぎ諏訪大社上社本宮に到着。去年は参道から見ただけで通過したところだが、今年は余裕があるのでじっくりと立ち寄る。境内の木陰が気持ち良い。
画像

Nikon AW130
画像

Nikon AW130
画像

Nikon AW130
時計回りに諏訪湖を走りながら昼食はどうしようかと考える。汗まみれの自転車旅は、綺麗なお店で椅子に腰かけてゆっくりと食事するというのが少々気おくれがするので、結局どこに行ってもコンビニかファーストフードという結論になる。お金と時間が節約できるのもよい。しかし、今回は時間には余裕があるので、涼しいところでゆっくりと食事もよいかなと思っていた。しかし、少々時間が早いことと、常に移動しているためこれといったお店が見つからない。結局諏訪インター近くの牛丼チェーン店でかわり映えのしない牛丼の昼食。とにかく腹は膨れた。
画像

Nikon AW130
画像

Nikon AW130
20号線を茅野まで戻る。このまま国道を進んでもよいが、八ヶ岳山裾へ寄り道をする。原村に上りそこから八ヶ岳エコーラインを下り、小淵沢から七里岩ラインを進む予定。
茅野から原村までは緩やかなのぼり、そしてエコーラインから下り始める。標高もあり下り坂なのでとても涼しい。あたりは夏色、ほとんどこぐ必要がないまっすぐな道は気持ちがよい。
画像

Nikon AW130
画像

Nikon AW130
県境を越え山梨へ、だんだん熱くなり道の駅小淵沢手前の坂道は汗が噴き出した。思わず手前のコンビニでアイスを買う。
ここから八ヶ岳エコーラインから七里岩ラインに道が変わるが、少し寄り道して甲斐小泉の三分の一湧水で水汲み。
画像

Nikon AW130
水汲みをして再び韮崎までの長い下り。走っている間は涼しいが止まると暑さが身に染みる。長坂で食事と休憩を兼ねてコンビニに寄ろうかと思いながらペダルを回す。最近は店内にイートインコーナーを併設した店舗が増えとても便利になった。長坂駅の近くにも2店舗あるのを知っていて、今年の春にも利用した。今回もそこで休憩しようと思っていたが、2つとも人が多くむなしく通過。結局日野春駅近くから七里岩ラインと別れ県道611号から須玉インターへ。もはやこの辺りは甲府盆地の始まりなのでとても暑い、なんかぬるま湯の中にいるみたいで、空気がまとわりついてくる。何件かのぞいたコンビニにはイートインコーナは無く、店の前に設けられたベンチ(おそらく喫煙者用)で最後の休憩。南アルプスで朝ごはん(6時半ころコンビニ)諏訪で昼食(11時ころ牛丼)須玉で軽食(3時半頃コンビニ)その後自宅で晩御飯なので1日4食となる、1日中走っていると大体このパターン。
画像

Nikon AW130
画像

Nikon AW130
休憩中自分のはいているレーサーパンツをよく見ると塩で真っ白。とにかく暑い夏の1日でした。
画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


春の富士

2016/05/16 07:06
新緑の季節GWに富士山を反時計回りにに1周した。
天気は良かったが、風が強かった。

画像
 EPL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
山中湖 三国峠手前からの富士。ちょっと下ると駐車場があり 写真撮影には定番スポット

画像
 EPL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
河口湖近く コンビニの駐車場で昼食中に バリアングルを使って地面すれすれから撮影。

画像
 EPL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
西湖にて

画像
 EPL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
秋には色づいていた木や山も新緑一色。

画像
 EPL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
精進湖にて 西湖と共に定番に位置から・・・・

この時期国道沿いでは、数年前から芝桜会場が出現して、それを目当てに国道は大渋滞。まるで道路の役をなしていない。
自転車なので脇をすり抜けるが、あまり気持ちの良いものではない。

画像
 EPL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
県境より ここも私には定番。

帰宅して撮影した中から気に入ったものだけRAW現像をした。撮ったものがその日中に見れる。やはりデジタルは便利だ。

                  ■■■明神峠■■■
静岡から山梨・山中湖へ抜けるには、東富士五湖道路や籠坂峠などがあるが、小山町の富士スピードウェイ脇から抜ける明神峠も裏道的に存在する。
この明神峠、静岡側から上ると勾配がきつい。場所により18%の表記がある。 4月に山梨側から下ったのだが、「こんなところ上りたくないな〜」というのが実感であった。が、なにを迷ったか上ってしまった・・・・・きつかった。何度も足をついて休んでいる私の横を、5人のライダーがすり抜けていった。世の中にはすごい人たちがいるものだ。
画像


下りだと転がり落ちそうである(4月撮影)
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


秋の富士

2016/05/07 07:00
私はたまにフイルムで撮ります。それを現像に出し、スキャナーで読み込み、PCソフトでレタッチするという今のデジタルに慣れた人からは、考えられないくらいの手間と暇がかかります。私自身はその仕上がりが時間がかかりすぎるとか、大変だとは思っていません。むしろ撮った写真をいじることで当時の思いがよみがえるので、二回楽しめると思っています。

画像
 NIKON EM+35-105mmf3.5-4.5 FujiRVP50
富士十里木

今回の写真は去年の11月に撮ったものです。レタッチに時間がかかり季節外れの写真となりました。

画像
 NIKON EM+35-105mmf3.5-4.5 FujiRVP50
籠坂峠手間の富士

画像
 NIKON EM+35-105mmf3.5-4.5 FujiRVP50
山中湖 サイクリングコース

画像
 NIKON EM+35-105mmf3.5-4.5 FujiRVP50
山中湖からの富士

画像
 NIKON EM+35-105mmf3.5-4.5 FujiRVP50
山中湖にて 逆光のため夕暮れのようになった。

画像
 NIKON EM+35-105mmf3.5-4.5 FujiRVP50
西湖にて 深まる秋

画像
 NIKON EM+35-105mmf3.5-4.5 FujiRVP50
西湖からの富士

画像

この時は35o〜105mmの便利ズームを持ち出しました。広角側がややきついが、写りはなかなかのもの マニュアルズームというだけで10,000円以下はお買い得だが、唯一の欠点は逆光に弱いこと、使い所を選びそうです。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


多摩川沿い

2016/04/27 15:26
去年の12月季節は冬だが まだ秋の残る多摩川沿いを少し歩いた

画像



画像

遠くに武蔵小杉の高層ビルが見える

画像

東横線近くの公園 まだ秋が残っていた

画像


SIGMA DP2sRAW専用機と成っている機体だが 現像するのを忘れていた 最近他の写真なんかとまとめて現像をした


画像

品川駅常磐線ホーム 忙しそうな品川駅もここだけは静かだった

画像

いつもシグマの現像ソフトで調整をして、もう一度ニコンの現像ソフトで仕上げる DPは調整で手を加えすぎると不自然な絵になる。今回は少し手をくわすぎたのか少し塗り絵のようになってしまったが、案外気に入ったのでそのまま保存した^ ^
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


箱根 真鶴

2016/04/26 07:20
3月の日曜日 沼津から小田原経由で熱海まで走って来ました

画像
Nikon AW130
所用で出かけるママさんに同乗して 沼津で途中下車 午後また拾ってもらう予定
画像
Nikon AW130
三島を過ぎて道はゆるゆると上り坂
15キロを1時間半で登る 時速10キロ

画像
Nikon AW130
登るに従って気温は下がるはずだが 汗出て暑いくらい

画像
Nikon AW130
道の駅 箱根峠
画像
Nikon AW130
春休みの箱根はやはり賑やか
画像
Nikon AW130
箱根峠を越ると 徐々に体温が奪われる まだここは冬である

画像
Nikon AW130
小涌谷駅

画像
Nikon AW130
小田原からは太陽を求めて海岸線を行く

画像
Nikon AW130
真鶴道路

画像
Nikon AW130
真鶴半島には初めて入ったが、自然が残る良いところであった。

画像
Nikon AW130

画像
Nikon AW130

画像
Nikon AW130
熱海の海岸は私のイメージから格段にオシャレに変身していた。今回これが一番の驚き。

画像
Nikon AW130
旧道のトンネル メインを離れるとまだこんなところも残っている。

画像
Nikon AW130
錦ヶ浦も美しく明るかった。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


尾道 鞆の浦

2016/04/03 10:18
フェリーととびしま海道を使って呉市本土に上陸したものの 今日の目的地はもう少し先 尾道である
画像
Nikon AW130
国道185号線を東へ しっかりと書かれた白線 多い交通量 本土に戻って来たと実感です
画像
Nikon AW130
でも海の景色は変わらず
途中立ち寄った竹原の古い町並み
画像
Nikon AW130
マッサンの実家があってちょっとびっくり
ウイスキーは飲んだがテレビは見たこと無いけどね
画像
SIGMA DP2s
画像
NikonAW130
三原に入ると巨大なクレーンが見えてきた
自然とクレーンの対比が面白い
画像
NikonAW130
生口島行きのフェリーが出る須波港で雨やどり 今日は天気が不順で 一度はやり過ごすも 尾道手前で降られてしまった
画像
NikonAW130
ホテルに逃げ込む 部屋まで自転車を入れることが出来たので しばし清掃,その後私の燃料補給。

翌朝 海岸線に出てみるとサイクリストたちがビッシリ。しまなみ海道を渡るイベントが開催されていた。
画像
Nikon AW130
画像
Nikon AW130
少し後ろ髪を引かれたが、参加していると今日中に家に帰れなくなるので、予定通り海とは反対側の山へ。
画像
Nikon AW130
千光寺公園への上り、階段は自転車を押して上る。ペダルは回らないのに心拍数だけが上がる。
画像
SIGMA DP2s
昨日のコースを見下ろす景色
今日は尾道から隣町の福山へ行くだけだが、まっすぐ行くと早くつきすぎるので鞆の浦へ寄り道をする。
画像
Nikon AW130
途中、橋あり・海あり・坂ありと思ったより遠く感じた。体が疲れてきこともあるだろう。
画像
Nikon AW130

画像
Nikon AW130
鞆の浦の手前、観光よりも生活の香りがするメイン道路。車はすれ違いができないため、簡単ながら信号が設けられている。
画像
SIGMA DP2s
画像
SIGMA DP2s
七卿落ち、いろは丸など幕末の史跡が目につく。観光客も多かった。
しかし、家に帰って調べてみるといろいろ見どころが多かった。今回は時間に追われて素通りに近かったが、じっくりと歩いて回りたいところである。
まだ余裕があるはずだが、帰りの新幹線が気になるのは性分である。
画像
Nikon AW130
芦田川沿いの河川敷は気持ちがよかった。
鞆の浦から福山までは、思いのほか道がよく平坦だったので予定していた時間より2時間くらい早く着いた。
画像
Nikon AW130
福山城で時間調整。

画像
Nikon AW130
岡山で予定していた新幹線より1時間早いひかりに乗り換え。夜予定していた飲み会が1時間早まったのでちょうどよかった。
画像
Nikon AW130
往年の速達列車のひかりものぞみが出来て少し影が薄い。山陽新幹線内は各駅停車だけど、静岡に止まるので安心していられる。約5時間のリラックスタイム。車内も適度にすいていてくつろげた。

長かった旅もお仕舞です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


とびしま海道

2016/03/28 05:54
朝7時過ぎに出発 今日はとびしま海道を通って尾道まで行く予定
その前に今治城を見学
画像
Nikon AW130
ここもゲストハウスのスタッフさんに教えてもらったパン屋さん フェリーの中で食べる朝食を購入

画像
Nikon AW130
お堀が海と繋がっている今治城
画像
Nikon AW130
バーン と繋がっているかと思えば 普通の水路だった ちょうど引き潮で大量の海水が海へ流れていた
画像
Nikon AW130

4年ぶりの今治港第3埠頭
画像
SIGMA DP2s

これから向かうのは岡村島 約一時間の船旅
画像
Nikon AW130
自転所を船内に止めるちょっとラフなスタイルも久しぶり

画像
Nikon AW130
その時期を利用して朝食 安くて美味しかった

動き出すとすぐに来島海峡大橋をくぐる
画像
SIGMA DP2s

左に四国 右に島(多過ぎて何がなんだか分からない)楽しくも忙しい時間
画像
SIGMA DP2s

画像

Nikon AW130
定刻に岡村港に到着 船は次の島に寄りながら今治へ戻って行く
画像
Nikon AW130
港の写真を撮りとびしま海道へ走り出す
画像

Nikon AW130
岡村を出たフェリーが島の間を抜け、小大下島の入り江に入ってゆくのが見えた。

島を反時計回りに回る。対岸にみえるのは大崎上島か次に渡る島は大崎下島なので少々ややこしい
とびしま街道の推奨ルートとは外れているためか、海道の一番はずれか、人けのない道を進む。

画像
Nikon AW130
第1の橋 岡村大橋

画像
Nikon AW130
お約束の橋の中間にある愛媛県・広島県境
画像
SIGMA DP2s
橋を渡り大崎下島

昨日はあまり海を見なかったが 今日は見放題

画像
SIGMA DP2s

古い町並みで売出し中の御手洗地区 ちょっとアクセスに難あり 雰囲気は良いのです
画像

SIGMA DP2s
豊島 上蒲刈島と橋を渡って進む
このとびしま海道は有名なしまなみ海道の西にあり 口の悪い人からは裏しまなみ海道と言われたりする
画像

SIGMA DP2s
画像

SIGMA DP2s
しまなみより一回りもふたまわり規模が小さく 車道と歩道とがしっかり分かれているしまなみよりも日常感がある それが良いか悪いかは分からないが 普通の島の日常を感じることができる
画像
SIGMA DP2s

上蒲刈島で少し遅めの昼食 地元の名産藻塩を使った藻塩めん
画像
Nikon AW130

画像
Nikon AW130
最後の安芸灘大橋を渡り本土へ。回り道しながら約60キロの行程でした。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


続きを見る

トップへ

月別リンク

カメラと子どもとお出かけと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる