アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「長野」のブログ記事

みんなの「長野」ブログ


諏訪大社本宮 八ヶ岳エコーライン

2016/08/20 21:15
ここ数年自宅から諏訪湖まで往復を自転車でしている。距離は何とか日帰りできる距離。朝飯前に出発し、日没後に帰宅するピストンコース。ただただ走るだけの単調ライドであるが、帰宅した後のビールがうまい。もっとも、ビールはいつもうまいし、そろそろ飽きてきた。なので今年は車を利用して、時間と体力を節約しようと思う。

7月終わりの金曜日、目覚めと共に自宅を出発し、国道52号を北へ。富士川町内の公園駐車場に車を止め、自転車に乗ったのが5時半過ぎ、まだ涼しい。
画像

Nikon AW130
1時間ほど走って南アルプス市郊外のセブンイレブン、店の軒先で朝食を食べていると強烈な日差しが差してきた。
画像

Nikon AW130
国道20号に入り富士見への上り、それほどきつくはないのでテンポよく行きたい。諏訪湖まではこの富士見峠以外峠もなく、比較的距離を稼ぐことができる。
9時半過ぎ諏訪大社上社本宮に到着。去年は参道から見ただけで通過したところだが、今年は余裕があるのでじっくりと立ち寄る。境内の木陰が気持ち良い。
画像

Nikon AW130
画像

Nikon AW130
画像

Nikon AW130
時計回りに諏訪湖を走りながら昼食はどうしようかと考える。汗まみれの自転車旅は、綺麗なお店で椅子に腰かけてゆっくりと食事するというのが少々気おくれがするので、結局どこに行ってもコンビニかファーストフードという結論になる。お金と時間が節約できるのもよい。しかし、今回は時間には余裕があるので、涼しいところでゆっくりと食事もよいかなと思っていた。しかし、少々時間が早いことと、常に移動しているためこれといったお店が見つからない。結局諏訪インター近くの牛丼チェーン店でかわり映えのしない牛丼の昼食。とにかく腹は膨れた。
画像

Nikon AW130
画像

Nikon AW130
20号線を茅野まで戻る。このまま国道を進んでもよいが、八ヶ岳山裾へ寄り道をする。原村に上りそこから八ヶ岳エコーラインを下り、小淵沢から七里岩ラインを進む予定。
茅野から原村までは緩やかなのぼり、そしてエコーラインから下り始める。標高もあり下り坂なのでとても涼しい。あたりは夏色、ほとんどこぐ必要がないまっすぐな道は気持ちがよい。
画像

Nikon AW130
画像

Nikon AW130
県境を越え山梨へ、だんだん熱くなり道の駅小淵沢手前の坂道は汗が噴き出した。思わず手前のコンビニでアイスを買う。
ここから八ヶ岳エコーラインから七里岩ラインに道が変わるが、少し寄り道して甲斐小泉の三分の一湧水で水汲み。
画像

Nikon AW130
水汲みをして再び韮崎までの長い下り。走っている間は涼しいが止まると暑さが身に染みる。長坂で食事と休憩を兼ねてコンビニに寄ろうかと思いながらペダルを回す。最近は店内にイートインコーナーを併設した店舗が増えとても便利になった。長坂駅の近くにも2店舗あるのを知っていて、今年の春にも利用した。今回もそこで休憩しようと思っていたが、2つとも人が多くむなしく通過。結局日野春駅近くから七里岩ラインと別れ県道611号から須玉インターへ。もはやこの辺りは甲府盆地の始まりなのでとても暑い、なんかぬるま湯の中にいるみたいで、空気がまとわりついてくる。何件かのぞいたコンビニにはイートインコーナは無く、店の前に設けられたベンチ(おそらく喫煙者用)で最後の休憩。南アルプスで朝ごはん(6時半ころコンビニ)諏訪で昼食(11時ころ牛丼)須玉で軽食(3時半頃コンビニ)その後自宅で晩御飯なので1日4食となる、1日中走っていると大体このパターン。
画像

Nikon AW130
画像

Nikon AW130
休憩中自分のはいているレーサーパンツをよく見ると塩で真っ白。とにかく暑い夏の1日でした。
画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


いもり池 苗名滝

2015/09/07 22:37
戸隠を見た翌日は新潟県側を観光
まずは妙高山の麓 いもり池 ここには何年か前にも家族で来たことがある 同じ夏の曇りの日であった
今日は晴れてはいたが雲が多く妙高山は見る事はできなかったが 代わりに水面一杯に咲き誇る睡蓮を見る事が出来た
画像


画像


湖畔を1周する遊歩道をゆっくり歩く 途中鴨がいて バッタが現れたりもする 白ばかりかと思った蓮も赤色があったり なかなか楽しい

画像

画像

いもり池を後にさらに奥 苗名滝へ ここもいもり池同様積極的に見たいと言うよりは、 他に見るところが無いからと言った消極的な選択の結果訪れたところだが、 なかなかどうして見応えがあった。
画像


車を降りると更に奥へ、吊橋を越え砂防ダムを見ながらの歩きが続く。
画像

画像

しばらく歩くと苗名滝が見えてきた

画像

鉄分が多いのだろうか赤っぽく変色した岩が印象的である。
滝から吹く風にしばらく吹かれる。

再び県境を越え長野県へ。
黒姫でトウモロコシ。
道の駅を眺めたあと国道沿いのドライブインでソバ。
画像

画像


画像

高原を下り信州中野から高速に乗って帰路につく。
蒸し暑い夏が戻ってきた気がする。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


戸隠へ

2015/08/30 20:30
今年の夏はとにかく熱い
休みは長野へ 戸隠へ逃げてきました
画像

NIKON AW130

朝早い清里を抜けて 上信越道を北へ
坂を登ると高原でした

画像

画像
NIKON AW130

画像
SIGMA DP1

神社の門前にある有名なお蕎麦屋さん
2時間待ちだが折角なので名前を書き込んであたりを散策
画像


画像


画像

画像

画像


ただただ涼しく 時間がたつのも気にならない

画像
画像


昼食後は戸隠神社 奥社まで 片道30分の歩き 良い腹ごなし
画像
画像
画像

奥社に来るのは2回目だが木々の存在感に圧倒される

県境を越えて新潟県が今日のお宿
ホテルに隣接して場所でイルミネーションがやっていた
シャトルバスが出るほど大盛況
画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


諏訪湖-原村-七里岩-身延

2014/11/02 17:42
平成26年9月20日 長野県諏訪湖から山梨を通って自宅静岡まで自転車で走った。下り基調のすがすがしいサイクリングであった。

中央道諏訪IC近くに一泊した翌朝とりあえず諏訪湖に向かう。湖岸に出て時計回りに諏訪湖周遊。しばらくすると天竜川のスタート地点ともいえる釜口。

画像
 SIGMA DP2

画像
 Caplio GX100

画像
 SIGMA DP2

諏訪湖は何度となく自転車で訪れているが時計回りに走るの初めてである。まだ朝の雰囲気が残る湖畔は気持ちが良い。

まっすぐ帰っても時間があるので、今回は寄り道をしたいとおもう。まずは諏訪大社 下社へ。

画像
 SIGMA DP2

画像
 SIGMA DP2

地元の人なのか、深々とお参りをする姿が印象的であった。

ここにくるまで知らなかったが、下社は秋宮と春宮二つあるらしい。今いるのが秋宮。つぎに春宮へ移動する。

画像
SIGMA DP2

画像
 DP2

秋宮 春宮どちらも清楚な趣だが、春宮のほうがより観光地化されてないイメージ。

諏訪から茅野へ。

画像
Caplio GX100

画像
Caplio GX100
途中のコンビニで買い出し、そして昼食。

茅野から原村へ。坂を登ると視界が開けてくる。

画像
SIGMA DP2

登ると八ヶ岳エコーライン。この道は景色が良く私のお気に入り、しかも下り基調なので気分上々。

画像
Caplio GX100

途中、立場川を渡る。立場川の深い谷は八ヶ岳南麓の白眉だと勝手に思っていて、中央道を走るときも楽しみの一つである。八ヶ岳エコーラインも長い橋で谷を越える。

画像
Caplio GX100

画像
Caplio GX100

画像
SIGMA DP2
秋は深まる

道の駅こぶちさわからリゾナーレへ向かう道 木々の色が変わり始めている。

画像
SIGMA DP2

小淵沢から中央道をまたぐと長坂。八ヶ岳一帯は養蚕が盛んで、各地から馬で運ばれた繭が中央線長坂駅から諏訪へ大量に運ばれていたのも今は昔。今は名水とオオムラサキの里である。

画像
Caplio GX100

画像
Caplio GX100

長坂からは県道17号線「七里岩ライン」を下る。七里岩とは八ヶ岳から釜無川に向けての台地で、特に釜無川よって浸食された七里に渡る断崖は、国道20号線から眺めることが出来る。
七里岩ラインはその断崖の上を中央線に沿いながら緩やかに下ってゆく。断崖と言っても木立に囲まれているので、高さは感じない。
日野春駅を過ぎたところで右手の木々が切れた。はるか下に釜無川と一本の道、あとで調べると国道20号線であった。
画像
SIGMA DP2

韮崎市内で平地に降りて、中央線塩崎駅付近から国道52号甲西道路へ、釜無川を渡る。
釜無川、そして名前を変えて富士川沿いを進むと間もなく家だなという気がしてくる。

画像
Caplio GX100

画像
Caplio GX100
波高島駅へ進入する身延線優等列車・特急ふじかわ

画像
SIGMA DP2

身延 そして夕暮れ

画像
SIGMA DP2
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


松本・安曇野

2013/09/18 21:13
平成25年8月4日日帰りで長野に行ってきました。

子供の夏休みの宿題を済ませてからなので、かなりゆっくりの出発。

昼食の時間には少し早いが、パーキングエリアで小休止。

画像

OLYMPUS PEN Lite E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14mm F2.5 ASPH 中央道八ヶ岳PA

画像

OLYMPUS PEN Lite E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 子供たちはパンで

画像

OLYMPUS PEN Lite E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 私はトウモロコシ

ノンアルコールビールも100円で売っていた。買えばよかっと少し後悔。

中央道を少し進んで諏訪SA ここでも食事

画像

OLYMPUS PEN Lite E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

画像

OLYMPUS PEN Lite E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14mm F2.5 ご存知ソースかつ丼

店内は混んでいるし、味も普通で。先ほどの八ヶ岳のオープンテラスで昼食のほうが良かった気が・・・・

松本市内で向かったのは、松本城。

画像

OLYMPUS PEN Lite E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

画像

OLYMPUS PEN Lite E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

夏休みなので観光客が多く、そのまま城内に入ると大渋滞なので入口で入場制限が行われていた。
入場待ちのスペースには日よけのテントと椅子が置かれていて、信州の風も吹いてそれなりに快適であった。

画像

OLYMPUS PEN Lite E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 順番待ちの一コマ。

画像

OLYMPUS PEN Lite E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 そして城内へ。

画像

OLYMPUS PEN Lite E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

松本城の後は安曇野の大王わさび農園へ。

画像

OLYMPUS PEN Lite E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 広々としたわさび田が気持ち良い。

画像

OLYMPUS PEN Lite E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

画像

OLYMPUS PEN Lite E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

園内にあった土産物屋・小物がかわいかった。

画像

OLYMPUS PEN Lite E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

画像

OLYMPUS PEN Lite E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 
子供たちに買い求めたこの木札は裏に名前を彫りこんでくれる。閉店間際なのに意外と時間がかかり申し訳ない・・・・

夏の一日であった。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4


軽井沢 グルメフォンド

2013/07/20 05:58
グランフォンドというサイクリングのカテゴリーがあります。山岳コースをメインとした100q以上のロングライドを指し、最近各地で開催されている。6月2日にも軽井沢・浅間山を巡る120kmの軽井沢グランフォンドが開催され、その前日プレイベントとして40kmの軽井沢周辺を走るグルメフォンドが開催され、子供といっしょに参加してきました。

イベントは土曜日の朝受け付け開始、なので早朝2時に自宅を出ることにした。国道52号線を北に向かい、韮崎からは141号線をさらに北。清里を過ぎ長野県に入るころには山裾が明るくなってきた。さすがに6月の夜明けは早い、天気予報はあまり良いことを言ってはいなかったが、予想に反して良い天気。気分は上々である。

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R 4:45 佐久市内手前

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R

道は空いていて、早朝の国道は予想以上に進む。5時30分会場であるスキー場の駐車場着。まだ時間が早いので、ほとんど車は無し。次回来るならば3時出発で良いかな。

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R 時間が有り余るので朝食へ。

再び会場へ戻り、受け付けを済ませ準備をしている間にも、続々と参加者の車が入ってくる。

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R
9時15分参加者が多数なので小グループに分けてスタート。

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R 
軽井沢駅から旧軽井沢方面へ、スタート直後で自転車は巨大な一団となって目抜き通りを進む。

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R 白糸ハイランドウェイに続く緩やかな登り坂

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R 旧三笠ホテルで折り返し。

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R 先ほどの登りを今度は下る。とても気持ちが良い。

このあたりまで来ると、集団もばらけて自分のペースで走れるようになる。

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R
別荘地内の細い道。ルートを示す看板も少なく、参加者もあまり見かけないので、本当にこの道でよいのか迷ってしまう。

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R 中軽井沢から北軽井沢へ向かう国道の上り。

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R

11時1回目のチェックポイント到着。ここで主催者が用意した昼食。

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R
朝食からあまり時間がたっていなくて、同じパン。かぶりまくりだが美味しくいただく。

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R お腹いっぱいで再出発。

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R国道18号を越え南へ。

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R 
2回目のチェックポイントはコーヒーとチュロス 先ほどの朝食と同様おしゃれである。

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R これまたおしゃれな別荘地を抜け。

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R 新幹線を見送り。

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R ゴールはもうすぐ。

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R そして、ゴール。
ゆっくり4時間のサイクリングでした。

画像

E-PL3+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 U R

最後に配られたのは和風でした。






記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


長坂・野辺山・白州へ

2013/02/09 08:09
画像

SIGMA DP1
会社の同僚と飲みに行った次の日 飲み屋の駐車場に置いた車を回収に出かけた自転車を停めて写した富士山です。
今年の1月 前半はスッキリ晴れた日が多くて、綺麗な富士山がよく見えました。

それでは本題ですが、ちょっと前のお話です。

  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

暑かった夏も終わりかけた平成24年9月17日山梨・長野県境をうろうろしてきました。

ある日突然そばを食べたいということになった。ならば、昔知り合いに連れて行ってもらった蕎麦屋に行ってみることにした。
自宅を出発して久しぶりに52号線を北へ。中部横断道から中央高速に乗継長坂インターで高速を降りる。

長坂にある「翁」というのが今回の目的地。

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR 森の中にひっそりとある小さな蕎麦屋

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR 

開店時間直前にお店に着いたのだが入口には待つ人が、開店と同時に席が埋まり、私たちは何とか最後の席に座ることが出来た。

頼んだのはこの三品

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR ざるそば

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR 田舎そば

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR 釜あげそば

久しぶりにゆっくりと美味しいものを食べた気がした。

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR 暑かった夏が終わり涼しい風が吹き始めた。

長坂から北へ、清里を抜けて野辺山へ。今日明日はヤツレンの年に1度の感謝祭。ここに来るのも3回目となる。

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR

売店で野菜やトウモロコシを大量に買い込むと、おまけで焼きトウモロコシを2本くれた。

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR 甘くて美味しかった。

お昼時なので出店で食べ物を買い昼食とした。

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR もちろん食後の甘い物も。

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR そして運動。

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR 徐々に雲が広がり八ヶ岳は隠れてしまった。

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR すでに秋の気配。

その後、八ヶ岳高原ラインを通って小淵沢そして白州へ。

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR

午後の遅い時間に到着したが、何とか最終の工場見学ツアーに参加することが出来た。

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR

そして、試飲。

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR 私は南アルプスの天然水。

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR

画像

昔我が家にもこのショットグラスがあったのだが、割ってしまった。

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR こんなスキットルが似合う大人になりたい。

画像

OLYMPUS E-PL3+14-42oF3.5-5.6 UR

夏から秋へと変わってゆく そんな1日でした。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6


霧ヶ峰 2012

2012/01/11 16:44
ゆっくりとスキーでもしませんか?

画像

D50+AF-S VR 18-200f3.5-5.6G

いつもの道を走り、いつもの雪の坂を登る。そしてあいも変わらないのんびりとしたファミリースキー場へ。

画像

D50+AF-S VR 18-200f3.5-5.6G 天気は良く、寒くはなかった。

驚いたのは、怖がりながらも下の子がゲレンデを滑り降りたこと。
  「やればできるじゃん。」


画像

D50+AF-S VR 18-200f3.5-5.6G
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


寒天とりんご

2011/12/02 16:36
ついに師走になりましたね。会話の中に「来年」という言葉が聞かれるようになりました。皆さんの1年はいかがでしたか?私はいろいろと忙しい一年でした。
さて、今回は長野へ行った時の話です、久しぶりに南信へ足を伸ばしたのですが・・・・・

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

秋も中盤に差し掛かった10月の日曜日りんごを買いに長野まで出かけました。それならばと少し足を伸ばし、伊那にある「かんてんぱぱ」に立ち寄った。当日の天気予報は午後から雨の下り坂。午前中はなんとか天気がもつかと期待してのお出かけです。

自宅を朝6時半に出発。お決まりの国道52号から中部縦貫道・中央道へと進む。諏訪湖を右に見ると長野道の分岐点・岡谷ジャンクションはもうすぐ。いつもは長野道へ分岐するのだが、今回は伊那インターなので直進。初めて立ち寄る辰野パーキングで小休止。

画像

Ricoh CaplioGX100 今回は白黒も撮りました(なんとなく気分で)

9時過ぎ伊那インターを流出。農免道路を南へ20分ほどゆくと「かんてんぱぱ」が現れます。長野県は寒天の製造に適した気候で、その生産量は日本一とのこと。今回訪れた「かんてんぱぱ」は伊那食品工業さんの敷地の一角にあり、自由に見学ができる。
天気は雨に変わり、あたりは暗い。はじめに入ったショップも時間が早いのか人影もまばらで少々さみしい。店内を一回りして、試食の寒天ゼリーを食べていると、観光バスが到着したのか店内が賑やかになり一安心。

画像

Ricoh CaplioGX100

画像

Ricoh CaplioGX100

画像

Ricoh CaplioGX100 ご自由にどうぞ。

こおゆうところで食べる試食はなぜか美味しい。子供たちはいっぱいいただいていました。(特に下の子)もちろんショップで土産物も買いました(ばーちゃんが)

続いて「野村陽子植物細密画館」へ。 ここには植物の根まで細かく描かれた絵が多数展示されています。この植物細密画という分野、学問から端を発し、花や葉だけでなく、根までを写実的に描いたもので、その細かな線・鮮やかな色彩にはただただ感心するばかりである。

その後隣にある「健康センター」へ。ここで体力測定をしてくれるらしいのだが、本日は受付しているのかしていないのか・・・・はっきりしなかったので、建物内の土産物屋でまたまた寒天の試食をして「かんてんぱぱ」を後にした。

画像

D7000+AF-S VR 18−200f3.5−5.6G 園内の紅葉は盛りを過ぎたがまだ美しかった。

画像
 
D7000+AF-S VR 18−200f3.5−5.6G

めったに来ない伊那地区。名物ソースカツ丼かローメンでも食べようかと思っていたが、すっと入る店もなく、気が付けば諏訪まで帰ってきてしまった。

画像

Ricoh CaplioGX100 途中立ち寄ったJR飯田線・伊那市駅

画像

Ricoh CaplioGX100 

以前訪れたインター近くの定食屋でお昼ご飯とし、霧ヶ峰へと登ってゆく。山の中腹は紅葉が見頃で上りきると冬支度を始めている。ビーナスラインを白樺湖方面へ。雨は降り止んで雲が上がってゆく。
途中で写真を撮るために車から出るが、さすがに寒い。

画像

D7000+AF-S VR 18−200f3.5−5.6G

画像

D7000+AF-S VR 18−200f3.5−5.6G

で、肝心の「りんご」であるが白樺湖から茅野に152号を下った途中の露天に立ち寄る。ここは何年か前にもりんごを購入したことがある。試食をいただいて品定め。ことなる二つの品種・ひと袋づつお買い上げ。もっと欲しいが、どこか他のところでも買いたい。

画像

Ricoh CaplioGX100

原村から八ヶ岳南麓の農免道路を通る。この辺は八ヶ岳からのなだらかな地形が広がり、気分が良い。

画像

Ricoh CaplioGX100 原村の農産物直売所

画像

Ricoh CaplioGX100 りんごはあったがママさんたちのおめがねには叶わず何も買わなかった。

画像

Ricoh CaplioGX100

画像
 
Ricoh CaplioGX100 道の駅 白州

その後、道の駅を2軒ほど回ったが、結局何も買わなかった。

国道20号・52号と下道を走り帰宅した。
天気が悪く車に乗り続けの1日であった。(でも、私は楽しかった)
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


シャトレーゼ スキーリゾート八ヶ岳

2011/01/24 12:09
今年の冬は寒いですね。皆様お元気でしょうか、私は先週の金曜日から床に臥せっておりました。今流行のインフルエンザで金・土・日と食事とトイレ以外は布団の中でした。自分でも感心するくらい良く寝て、結果体中が痛くなりました。これが床ずれってやつですかね。
なんとか今日・月曜日には布団から抜け出し、パソコンを前に安静にしております。
月並みですが健康が一番・健康に勝る幸せはなし。(明日から仕事か・・・・・あ〜〜ぁ)
さて今回は我が家のスキーの話です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

平成23年1月16日日曜日今シーズン初のスキーに行きました。今回も迷走スキーとなりました。
成人式を含む3連休は、近年大雪に見舞われることがおおく、私の住む東海地方は晴れマークがあるが、日本海側は押しなべて大雪の予報。ニュースでは行きによる。センター試験への影響が報じられていた。

そんな中スキーに行こうというのだから、酔狂な一家だとは自分でも思うが、さすが今回は見合わせようと思っていた、出発の朝・子供達が起きてくるまでは・・・・・・
前日の夜から天気予報を見ながら今回は「無理」だと話していた私達夫婦は、日曜日の朝いつもどおりゆっくりと起床したのだが、起きてきた子供達の「スキー7行く!!」の大合唱に押し切られ、「寒いぞ!」と子どもに念押ししながら自宅を出発したのが9時過ぎ、増穂から中部縦貫道へ入り、双葉で中央道へ乗り継ぐ。前方に見えるのが八ヶ岳。空は以外のほどに明るい。ここからまっすぐ。八ヶ岳の左側に向かえば霧ヶ峰スキー場。今日は月1回のこどもの日なので、格安で楽しむことができる。中央道を途中の長坂ICで降りて八ヶ岳の右側に行けば、シャトレーゼスキー場。去年も2度ほど訪れて上の子も慣れ親しみ始めた。どちらに向かうか決めずに家を出てきたが、そろそろ決めねばならない。長坂ICではスピードを緩めることなく通過した。

小淵沢を過ぎると山梨・長野県境。明るかった空模様が急に怪しくなり、路面には雪が現れ始めた・
諏訪ICで高速を降りて20号線から県道へ。霧ヶ峰への登り道に差し掛かる。この登り道、狭隘な県道部分をショートカットするために設けられた市道で、まっすぐ北へと伸びる道は良いのだが、坂がとんでもなくきつい。その10%を軽く越す急角度は両側に市街地を抱えた生活防路ではではなかなかお目にかかれない。いつもママさんと「雪が降るとここは怖いね」と言っていたのだが、今がまさにそのときである。
何度かタイヤの空転を感じながら上りきり、そして決断。「大事になる前に引き返そう」Uターンをし、ABSを効かせながら、再び坂道を下っていった。

諏訪ICから再び中央道へ。今度は上り線である。山梨県内に戻ると天気が回復し長坂ICから八ヶ岳高原道をへ。清里を過ぎ、3回目の山梨・長野国境である。どうもその境が天気の境目であるらしく、暗厚い雲が垂れ込めてきた。
向かったのはシャトレーゼ スキー場。平易なコースで子ども習いたての子どもを遊ばせるにはもってこいである。今日は下の子をスキースクールに入れようと思う。

駐車場に入ったのが12時半過ぎ。本当は近いはずなのにとんでもなく大回りをしてきた。

画像

D50+AF-S VR 18-200mm1:3.5-5.6G 天候が悪いためかそり遊び場も空いていた。

画像

D50+AF-S VR 18-200mm1:3.5-5.6G 元気の無い太陽。リフト乗車中はとても寒かった。

画像

D50+AF-S VR 18-200mm1:3.5-5.6G すべるたびに子どもは上達する。

画像

D50+AF-S VR 18-200mm1:3.5-5.6G さてこいつは・・・・・

いつもは親の話を聞かない下の子も先生の話だと神妙に言うことを聞いている。
レッスン後半にはリフトでコースへ。おだてられながら滑っている。初めておもちゃのスキーを履いたとき。「滑るから怖い!」といっていたのが懐かしい。(そりゃあんた スキーは滑るものなの)

画像

D50+AF-S VR 18-200mm1:3.5-5.6G シャトレーゼ3時恒例キャラクターによるおやつ配り。スクールは3時半まで。どうなるのかと思っていたら、ちゃんと待っていてくれた。

レッスン終了後子ども2人と一緒にリフトにのり、3人で滑った。下の子はしっかりとブレーキをかけながら下ってゆく。それだけでも驚きである。怖いもの知らずの姉はゴールまで一直線。直滑降だったのにたいして、弟は慎重である。性格というのははっきり出るものである。
なんとか下までたどり着き、もう一度行くかとたずねたら、「もう いい」との返事が返ってきた。


画像

D50+AF-S VR 18-200mm1:3.5-5.6G 子どもには負けてはいられないと最後は中級コースへ。転びはしなかったが、よそ様に見せられるほどではない。

寒かったが、楽しい1日であった。

■■■■ AF-S VR 18-200mm1:3.5-5.6G ■■■■

画像

D50に装着した18-200mm(D200+Ai24mmf2で撮影)

高倍率ズームというジャンルがある。1本でかなりの部分をこなす魔法のレンズだ。フイルム時代から存在するジャンル、これに超音波・手振れ補正を載せてきたのがこのレンズ。レンズメーカーの得意分野にニコンが参入したのも驚きであった。当然ながらバカ売れして、一時期はどの店も品薄状態が続いたのも懐かしい。

スキー用に高倍率ズームが欲しいと思っていた。広いスキー場では比較的望遠を多用し、レンズ交換もなかなかできないからである。本当ならばもっと安物を買うつもりであった。年に数回しか行かないスキーでは安物で十分であろう。でも、その安物ですら1万円以上してなかなか買う気にはならなかった。既存のレンズを工夫して対応できないものかと・・・・・・
あるときこのレンズの中古価格がこなれているのに気がついてしまった。欲しいかなと思った。いつものことである。
数日後、近くのキタムラの中古品棚の中にこいつを見つけた。展示されたのその前日からである。隣にたまたまママさんがいた。
かくして私は堂々とこのレンズのオーナーとなった。年の瀬慌ただしい、2010年12月の日曜日である。

画質はそのままでも十分なのだが、手振れ補正を利用して2段くらい絞って使うと粋だと思うのだが、いかがであろうか。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


タイトル 日 時
野辺山・清里・八ヶ岳
野辺山・清里・八ヶ岳 平成22年9月19日(日)野辺山のヤツレンのお客様感謝デーに行ってきました。「ヤツレン」と言われてピンとこないと思います。私も1年前たまたま前を通りかかり、引き込まれるように会場に入りました。1年後の今年、ネットで検索「今年も開催」の言葉につられ、知り合いの家族と一緒に出かけたしだいです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 6

2010/10/12 20:04
美ヶ原高原
美ヶ原高原 7月から8月にかけての土日、子供たちはバーちゃんに連れられていとこの家に遊びに行った。自由時間が出来た。 自由時間といっても土曜日朝子供たちを送り出し、翌日の夕方には帰ってくる。出かける時は朝早く、帰宅は遅いという行動パターンの私からすると、いささか中途半端だが、貴重な自由時間であることには間違いない。 初めは子供を送り出したらすぐに出かけ、自由時間を目いっぱい使おうと考えていた。問題は何処に行くか。いつもの悩みである。子供を送り出しても考えていた。 とりあえず家の中を片付けて、昼食を食べ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/29 08:49
松代象山地下壕
松代象山地下壕 志賀高原の大雪から逃げ出して中野市街に戻ってきたのだが、行き先は決まっていない。ママさんとどこにしようか冷凍みかんを食べながら話す。このみかん零下15度くらいはいったであう昨日の車内に置いてあっただけでカチカチに凍り付いてしまった。山を下るとみかんも程よく解けて甘くておいしい。 初めは諏訪周辺のスキー場に行こうかとも考えたが、時間とお金がもったいないし、ばかばかしいのでやめてしまった。長野市内善光寺もいまひとつ。なんとなく小布施に向かおうと車を走らせらるが、突然松代に行こうと思い、小布施から千... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/03/19 07:43
ちょっと残念だったスキー旅行
ちょっと残念だったスキー旅行 明けて2月7日(日)志賀高原2日目。窓の外から重機の動く音がする。外には昨日通った奥志賀への道が続いている。今日に備えて除雪作業は始まっていた。雪は降っていたが昨日ほどの勢いは無かった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/03/10 00:38
志賀高原 雪・所により大雪
志賀高原 雪・所により大雪 平成22年2月6日と7日北信の志賀高原にスキーに行ってきました。志賀高原といえばスキーの大ブランド(笑)そのような敷居の高いところへ初心者ご一行が行ってよいものか・・・・・少々、いえ、かなり臆するところがあったのですが(大笑)世の中便利というか、恐ろしいというか・・・・宿を予約して、現金を握り締めてゆけば誰でも簡単に行ける世の中みたいです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/07 01:32
霧ヶ峰 2010
霧ヶ峰 2010 諏訪湖から県道を北へ。すぐに登り坂になる。いつも見る高校の前を過ぎ、清掃工場を過ぎると民家が消え、代わりに路面に雪が現れた。ヘアピンカーブを2つ曲がり、坂を登りきると霧が峰のスキー場は目の前だ。平成22年1月2日。今シーズン我が家の初スキーである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/16 14:36
鳥居平やまびこ公園と諏訪湖サイクリング
鳥居平やまびこ公園と諏訪湖サイクリング 平成21年11月7日(土)、岡谷市にあるやまびこ公園に自転車を持って行ってきました。やまびこ公園は岡谷と塩尻の境、塩尻峠の中腹にある諏訪湖を望む気持ちの良い公園です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/24 18:40
秋の上高地
秋の上高地 朝の4時に目覚ましが鳴った。今日は平成21年10月25日(日)昨年と同様バスツアーに参加する。昨年は5月の新緑の時期で今年は紅葉の時期。紅葉のほうが混雑するのか、出発は30分早くなった。自家用車利用ならばあと1時間は寝ていられるのだが、格安と座っているだけで目的地に着くという気安さが何よりも変えがたい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/11/07 23:01
霧ヶ峰もう一度
霧ヶ峰もう一度 2月の15日は第3日曜日。この日は子供のスキー場利用料金が無料になる日だ。先月に引き続き遊びに行った。 自宅を6時過ぎに出て、中央道を走り諏訪インターで下りる。市街地を抜けいつもの登り道をゆく。いつもの大カーブを曲がると、いつもあるはずの雪が今回は無い。昨日の土曜日は静岡では20度を越える暑さだった。暖冬であろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/22 23:35
平成21年スキー始めました
平成21年スキー始めました 1月18日の第3日曜日、今年度初めてのスキーに行きました。行き先は長野の霧が峰スキー場です。去年から突発的に始まったスキー熱は今年も続きそうです。 自宅から約2時間、沿道にはちらちら雪が残る諏訪インターを出て、霧が峰への登りにかかる。いつもの場所で路面が凍り始めた。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/06 23:15
国道403号線と406号線
国道403号線と406号線 夏に3年続けて北信に行った。いつも使いたいと思う道がある。国道403号線と406号線である。でも、それ以外に行きたいところもあり、なかなか順番が回ってこない。せめて長野の行き帰りにと思うが、なかなか時間が作れない。 平成20年1月11日。久しぶりに1人で出かける時間が出来たので、良い機会なので2つの国道を回ろうと考え、自宅を出たのが朝の4時過ぎ、さすがに一人は身軽だ。増穂インターから高速に乗り、ETC通勤割引限度いっぱいの塩尻北インターで降りる。早朝の国道19号で松本市内を走り抜ける。少し寄り... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/31 21:39
夏の赤倉温泉と戸隠
夏の赤倉温泉と戸隠 平成20年8月の16・17日新潟の赤倉温泉に行ってきました。お盆の休みはこの2日間だけだったので、ママさんに無理を言って行ってきました。宿を手配したのが前日の15日 いつものことだが、ホームページで予約状況を確認できるので、つくずく良い時代だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/15 23:21
乗鞍エコーラインサイクリング
乗鞍エコーラインサイクリング 仕事が一区切り付いた平成20年7月14日の月曜日休みを取って、乗鞍に自転車を持って行ってきました。 自宅を出たのが深夜2時、ひたすら下道を走り乗鞍高原に着いたのがちょうど7時。さすがに平日の朝なので乗鞍への長野県側のバスターミナルである観光センターの駐車場は空いていた。 準備を済まし駐車場を出たのが7時40分。いきなり急な登り坂である。すぐに車両規制のゲートがあると思っていたが、意に反して木立の中を進む。すぐの鈴蘭橋から遠く乗鞍を望むが頂上は雲の中である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/02 23:55
雨の上高地
雨の上高地 上高地まで格安で行けることになった。金額は家族4人で8200円。これは申し込まない手はないと早速申し込む。あとは知り合いに預けてあった、携帯用のガスバーナーと1リットルのポリタンクを入手して、小型のガスカートリッジを購入した。あとはその日を待つだけである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/09 05:54
霧が峰スキー場
霧が峰スキー場 10数年ぶりにスキーに行きました。と、言っても10年前も熱心におこなっていた訳ではなく、知り合いに誘われて何回かお供をした程度である。当然板も持ってはいなかった。 いまさらスキーを始めるきっかけは言うまでまでもなく、子どもがそり滑りを卒業しスキーへステップアップしたためだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/02/12 21:22
雪を見るならやっぱり長野
雪を見るならやっぱり長野 前日富士山こどもの国で雪遊びをしたのに、、やはり降り積もった雪を見たいので出かけました。すこし早起きをした5日の朝7時半。ばーちゃんも連れて一家総出のお出かけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/06 23:20
横手山スカイリフトと雷滝
横手山スカイリフトと雷滝 渋温泉で1泊した次の日は、高原の涼風に誘われて草津志賀道路(国道292号線)を登る。草津志賀道路というが、群馬県側から来た場合は、草津から白根山の湯釜を見て、サミットの渋峠までなじみ深いのだが、県境を越えた長野県側は通過するのみであまりなじみが薄い。で今回は観光リフトを使い束の間の空中散策をしようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/31 08:49
信州渋温泉 外湯ラリー
信州渋温泉 外湯ラリー お盆の後半15・16日に北信の渋温泉に行ってきました。「石畳に下駄の音がカランコロン」のキャッチフレーズに釣られてみました。 遠出の時は鶏よりも早く出かけるのだが、今回は朝の用事があったためでかけたのは出発したのが9時半ごろ、甲府南インターより中央道に乗る。Uターン渋滞を期待したのだが、反対側の車線は拍子抜けするほどすいすい流れている。反対に珍しく度々トイレによる娘のおかげで我が車は各駅停車気味。なかなか先へは進まない。やはり距離を稼ぐのは子どもが車の中でおとなしく寝ている早出が良い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/26 09:38
八ヶ岳南麓の道路たち
八ヶ岳南麓の道路たち 毎年、冬になると雪見に出かける。そして子どもが生まれて、スキー場でのソリ遊びに変っていった。上の子が大きくなり、そろそろスキーでもという話になってきた。しかし、両親はここ10年くらいスキーをしていない。当然スキー板も持っていない。したがって、教えることが出来ない。それでも、本人はやる気満々。結局、スキースクールに入れることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/07 23:45
立石公園
立石公園 週末になると落ち着かない。「どこかに行ってやろう」と思うからだ。で、ママさんの反応は、あまりお金を使わない近場へ、子どもたちは「お出かけした〜〜い」と、いい返事なのだが、「どこへ」と言う問いに、「こーえん!」という元気な返事。3者の思いは微妙に食い違う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/21 22:08

トップへ | みんなの「長野」ブログ

カメラと子どもとお出かけと 長野のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる